徹底比較 旅館・ホテル

contents

トップページ

旅館・ホテルの種類

旅館・ホテルの選び方

旅館・ホテルの予約

旅館・ホテルの予約取消

お問い合わせ

ホテルと旅館 −トップページ−

定額給付金が始まりました。今回の給付金の12000円(または、20000円)をゴールデンウィークの旅行に使ってみてはどうですか?


旅行に行くなら

国内旅行、または海外旅行に行くなら絶対にしておかなければならないことがあります。国内なら不要ですが、海外旅行なら海外旅行保への加入です。海外でのトラブル解決には必須と言えるでしょう。またどちらに行くにしろ、1泊以上するのなら、宿の予約が必要になってきます。「宿」と呼べば、旅館やホテルが浮かぶと思いますが、あなたならどちらに泊まるでしょうか?いつも旅館に泊まっている、ホテルに泊まっているなど言う方もいるかと思いますが、今回の旅行の目的によって、いつもと違う方を選んでみるのもいいと思います。その際には、旅館とホテルの違いを知らなければならないと思います。
また、荷物の準備についてですが、目的によっても変わりますがなるべく必要最低限の荷物で行くように心がけましょう。少なくとも大きいキャリーバッグ1つでも十分旅行は楽しめます。

旅館

旅館の場合は、普通は畳でくつろげて、食事などは自室で食事できるように、食事の用意や片付けなどを行ってくれるというサービスが多いようです。そのため、自分は、座ったままでいいのです。布団の用意なども全て、行ってくれるので、心遣いが嬉しいのが旅館です。また、女将が出迎えてくれるのが一般的で、男性は裏方の仕事を行うことが多いようです。接客は専ら女性の従業員が行うと言うのも特徴の1つです。

ただ、もちろんですが、これらのサービスを受ける場合は、従業員が部屋に入ってきます。「無断で」という事はないでしょうが、人によってはそれを煩わしく感じることもあるようです。心遣いを煩わしく感じるのはどうかとも思いますが、他人がいるなら多少の配慮が必要になり、それによって神経を使うため、そう感じてしまうのでしょう。場合によっては、誰にも干渉されたくないような心境の場合は、いいとはならないでしょう。

ホテル

ホテルの場合は、チェックインした後は自由です。海外の場合でも、チップにさえ心がけていれば、後は好きに過ごせます。食事に関しても、ホテルで取らないといけないという事はありませんので、外でレストランを探すのもいいですし、コンビニで弁当を購入しても構いません。基本的に、スタッフも宿泊客に干渉することは少ないので、気を遣う必要がないのが特徴と言えると思います。

ただ、セキュリティに関しては十分に注意しなければなりませんし、ドアを一歩出れば、そこは家の外と変わりませんので、それなりのマナーを要求されます。日本ではそうでもないのですが、格式が高い欧米などでは、マナーにも気をつけなければなりません。それと旅館では、数人で泊まることも多いのですが、ホテルでは、多くても2人くらいで泊まるのが基本となりますので、家族旅行でほのぼのという雰囲気にはならないかもしれません。

旅館とホテルの規則

旅館やホテルはどちらも、「旅館営業法」という法律で決められた規則があります。それを少し紹介します。

旅館

「旅館営業法」によると、「旅館営業とは、(中略)営業をいう」と定められているのですが、原文は面倒くさいので、口語訳に直します。それによると、「和風の部屋に人を宿泊させて、それを提供する代わりに料金を受け取る事」とされています。また、旅館は「客室数が5室以上」で「部屋面積が1室7平方メートル」であることが条件とされています。

ホテル

「旅館営業法」によると、「ホテル営業とは、(中略)営業をいう」と定められているのですが、原文は面倒くさいので、口語訳に直します。そうすると、「洋風の部屋に人を宿泊させて、それを提供する代わりに料金を受け取る事」となります。また、ホテルは「客室数が10室以上」で「部屋面積が1室9平方メートル」であることが条件とされています。

Favorite

合宿免許 人気

合宿免許 人気

グアム旅行や観光、オプショナルツアー・オプションツアー探しをお手伝いいたします。

グアム観光旅行

ドライフラワー花材と木の実の販売

ドライフラワー 花材

見本も作成いたしますので、初めての方でも安心です。

卓上カレンダーの作成

一人暮らしや学生の方は是非お問い合わせください。

池袋エリアの賃貸をご紹介

最終更新日:2016/11/1

▲トップに戻る